災害時透析の情報伝達方法

災害により透析ができなくなった施設の患者は、でるだけ近隣で、透析可能な施設に透析をお願いすることになりますが、大規模な災害では地区を越えて患者移送することもあるかもしれません。透析施設の被災状況についての情報を収集し、透析可能な施設に患者を配分するための情報伝達は、原則として以下のような手順で行います。

  1. 災害がおこったとき、各透析施設は被害状況を確認し、透析実施の可否を判断します。透析中に災害が発生し、倒壊や火事などで緊急離脱が必要な状況では、避難を優先します。
  2. 各施設は被災状況(情報伝達用紙の項目)を自施設が所属する地区の透析基幹病院に報告します。透析ができなくなった施設は、他施設に透析を依頼したい患者数を、被災を免れた施設においては他施設から受け入れ可能な透析患者数を、連絡します。日本透析医会災害時情報ネットワークにも、各施設でできるだけ早く書き込みをしてください。地区の透析基幹病院は下記の通りです。なお、相澤病院は、中信地区の地区透析基幹病院とともに、長野県全体の県透析基幹病院を兼ねます。

地区透析基幹病院(注1)

  • 北信:長野赤十字病院
  • 東信:佐久総合病院
  • 中信:相澤病院
  • 諏訪・岡谷地区:諏訪赤十字病院
  • 南信:輝山会記念病院
  1. 情報の伝達手段は、電話、FAX、インターネットを想定していますが、実際にはつながらなくなる心配があります。災害が発生しているのに、被災状況の報告がない自地区の施設には、基幹病院からさまざまな手段で問い合わせし、積極的に情報を集めるようにしてください。
  2. 各地区の透析基幹病院は集められた情報を集計し、県透析基幹病院である相澤病院に連絡します。
  3. 県透析基幹病院(相澤病院)は、集められた情報を基に、被災して透析ができなくなった透析施設から透析可能な施設への患者配分の調整をおこない、その情報を各地区の透析基幹病院に連絡します。
  4. 透析基幹病院は、自地区の透析施設に、決定された患者配分の情報を連絡します。透析ができなくなった施設や、透析を依頼することになった施設に連絡することは当然ですが、受け入れを表明していただいたが患者配分はされなかった施設にも報告してください。
  5. 被災して透析ができなくなった施設は、透析の受け入れ施設が決まったことを、自施設の患者に、安否確認をしながら連絡します。(注2)
  6. 被災して透析ができなくなった透析施設は、透析受け入れ施設と連絡をとりあいます。患者情報を提供し、移動手段(注3)や透析を行う時間帯など具体的な相談をします。被災した施設は、透析スタッフを透析受け入れ施設に派遣し、透析条件を直接伝えたり、透析実施を手伝ったりするようにお願いします。
  7. 県透析基幹病院(相澤病院)は、各地区の被災情報をまとめ、長野県災害医療本部に上申します。
(注1)
もし、地区の透析基幹病院が被災して基幹病院の任務を果たせないときは、県透析基幹病院である相澤病院がその任務を代行します。また、相澤病院が被災したときは、長野赤十字病院が県透析基幹病院と中信地区の基幹病院の任務を代行します。
(注2)
長野県透析医会より各透析施設を通じ、透析患者には災害緊急時透析情報カードが配布されています。このカードには自宅近くの避難場所を記載してあります。各施設においては、このカードに記載された透析患者の住所や連絡先、避難場所を把握しておいてください。安否確認と透析可否の情報を連絡するための情報となります。一方、患者にとっては自分が透析患者であることを避難場所などでアピールできるツールにもなると思います。しかし、このカードには透析施設の名前や特記事項(薬のアレルギー)など最小限の情報しか記載してありません。刻々と変わる透析条件までは、リアルタイムに更新していくことは困難だからです。さらに混乱した災害時にこのカードを持参して活用されるのかも疑問です。ですから、もし自施設が被災し、他施設に透析を依頼するとき、被災した施設は、透析スタッフを透析受け入れ施設に派遣し、透析条件を直接伝えたり、透析実施を手伝ったりするようにお願いします。自分のことを知っているスタッフがいれば、なじみのない透析室で透析を受ける患者の不安が和らぐと思います。
(注3)
災害時の患者搬送体制を、平時から確立しておくことはかなり難しいです。透析施設までの交通手段は、まずは患者自身や家族、あるいは近所の方の力に頼ることになると思います。緊急時や自力での移動が困難な場合は行政や公共手段を頼りに、救急車やヘリコプターによる移送や、遠隔地への移動ではバスも想定されます。県災害医療本部と相談しながら、臨機応変に対応することになると考えています。

コメントは受け付けていません。