災害時透析基幹病院の役割

大災害が起きたとき、透析施設の損壊により、透析が受けられなくなる患者が多数発生します。透析が受けられなくなった患者を、透析可能な他施設へ誘導するためには、被災状況の情報を集約してから、透析可能な施設へ患者配分することになります。情報を集約するために機能するのが、透析基幹病院の役目です。

各地区における透析基幹病院は以下の通りです。なお、中信地区の相澤病院は県透析基幹病院を兼ねます。

地区の災害時透析基幹病院

  • 北信:長野赤十字病院
  • 東信:佐久総合病院
  • 中信:相澤病院
  • 諏訪・岡谷地区:諏訪赤十字病院
  • 南信:輝山会記念病院

県の災害時透析基幹病院

相澤病院

伝達手段は、電話、FAX、インターネットを想定していますが、実際にはつながらなくなる心配があります。また、災害が発生しているのに、なんらかの理由で、被災状況の報告が送られてこないこともあるかもしれません。被災状況の報告がないときは、基幹病院から各施設にさまざまな手段で問い合わせをして、積極的に情報を集めるようにしてください。

もし、地区の透析基幹病院が被災して基幹病院の任務を果たせないときは、県透析基幹病院である相澤病院がその任務を代行します。また、相澤病院が被災したときは、長野赤十字病院が県透析基幹病院と中信地区の基幹病院の任務を代行します。

コメントは受け付けていません。