災害緊急時透析情報カードについて

透析を受けている方へ

長野県透析医会より各透析施設を通じ、透析を受けている方には災害時透析情報カードをお配りしています。このカードには、透析を受けている施設名や、連絡先、自宅近くの避難場所、その他の特記事項(薬のアレルギー、感染症など)が記載してあります。もし、災害がおこって避難したときや、救護を受けたとき、他の医療機関を受診したときなどに、このカードを避難場所の責任者や救護スタッフ、医療機関に提示してください。災害の影響で透析が受けられなければ、生命の危機になる可能性がありますので、このアピールは重要です。透析が必要な病気があることを配慮されると思いますし、自分の電話が使えないときでも、避難場所にある防災無線などで、透析が必要な方が避難している情報が、透析施設に伝わります。また、透析施設にとって、このカードに記載された住所や連絡先、避難場所が、災害時の安否確認と透析可否の連絡をするときの大切な情報になります。

ご自分の住所や連絡先、避難場所が変わったときは、すぐに透析に通院している施設にお知らせください。修正した新しいカードをつくってお渡しします。また、紛失したり汚れたりしたときも、透析に通院している施設に申し出ていただければ、再発行します。

災害はいつ起こるか、わかりません。災害緊急時透析情報カードは診察券とともに、日頃から携行していただくようにお願いします。

コメントは受け付けていません。